鼻の黒ずみをとる方法

MENU

鼻の黒ずみをとる方法と原因

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみは毛穴の詰まりが原因です。

 

毛穴の詰まりの原因は、ファンデに付着した化学物質や埃を
クレンジングで落としきれていなかった場合が多いです。

 

洗顔前のクレンジングをきちんと行い、正しい洗顔、
保湿をきちんとすることが鼻の黒ずみ解消への近道と言えます。

 

毛穴が詰まってしまうと、角栓が溜まり続けて空気に触れると、
皮脂が酸化して毛穴部分が黒くなってしまいます。

 

※角栓とは皮膚の角質が古くなり、剥がれかけたものと
皮脂が毛穴をふさいでしまって固まっている状態。

 

鼻は他の部位よりも毛穴が多い為、毛穴の詰まりにより
黒ずんで「いちご鼻」になることが多いです。

 

ではどうやって、鼻の黒ずみを解消するのかというと、
まずはクレンジングを変えることです。

 

先程も書いたように、毛穴の詰まり⇒鼻の黒ずみの原因はクレンジングで
化粧が落とし切れていない場合が多いのです。

 

そこで、実際に使用した人のアンケートや口コミなどから
鼻の黒ずみに最適なクレンジングを探し出しました。

 

それが、「フルリのクリアゲルクレンズ」です。

 

フルリ クリアゲルクレンズ

 

鼻の黒ずみをとる方法

 

鼻の黒ずみをとる方法

フルリのクリアゲルクレンズが鼻の黒ずみ対策におすすめな理由

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみにおすすめなフルリのクリアゲルクレンズは

しっかり化粧を落としてくれることは勿論、それだけだけではありません。

 

実は、フルリのクリアゲルクレンズはW洗顔不要ではありません。

 

えー、面倒くさいなぁと思われたかもしれませんが、
わざわざW洗顔をした方がいい理由がきちんとあります。

 

油溶性の汚れは「クレンジング剤」で落として、
水溶性の汚れは「洗顔料」で落とすという理論があります。

 

つまり、クレンジングと洗顔料は分けた方がいいのです。
W洗顔不要は確かにラクなのですが、

 

1回で洗顔を済ます=洗顔力が強すぎる=肌に必要な油分まで落としてしまう
という可能性があります。そうすると肌の乾燥の原因となってしまいます。

 

ところが、洗顔力を弱くして肌に負担がかからない洗顔にすると今度は汚れが落ちません。

 

ではどうしたらいいのか・・・と開発されたのがフルリのクリアゲルクレンズです。
フルリのクリアゲルクレンズは肌へのやさしさを持ちつつ汚れ落ちを実現したクレンジングなのです。

 

ゲル状で汚れの吸着を

 

鼻の黒ずみをとる方法

 

酸化還元電位−700mvの水を使用

 

美容皮膚科クリニックとエステティックサロンの共同開発をしているので
専門的な知識があったからこそ作り上げられたクレンジングです。

 

「実際に使用した人のアンケート結果」や「利用者の声」でその満足度が分かります。
※これらはフルリの公式サイトに記載されていますので確認してみましょう。

 

鼻の黒ずみをとる方法

鼻の黒ずみは角栓とムダ毛が犯人だった!?

鼻の辺りが黒ずんでしまって悩んでいる人は多いですよね。
この鼻の辺りが黒ずんでしまう理由はいくつかあります。

 

一つは毛穴に汚れが詰まっていしまっている場合です。
皮脂が毛穴の中に詰まってしまっているというケースです。

 

皮脂、そして汚れなども一緒に毛穴の中に詰まると、皮脂が酸化して黒ずみ、角栓化していきます。
ポツポツと黒っぽくなっている鼻の黒ずみはこの角栓による黒ずみであることが多くなっていますよ。

 

ちょうどいちご鼻と呼ばれるのがこの角栓によって起こる黒ずみになります。

 

鼻の頭にポツポツとイチゴの種のように黒ずみができ、
毛穴の部分が凹凸になるために陰影が出て余計に黒ずんでみてしまうんです。

 

この角栓による鼻の黒ずみを放置すると、酸化した皮脂の影響によって
毛穴の周りに色素沈着が起こって、茶色っぽい黒ずみが出来てきます。

 

この茶色っぽい鼻の黒ずみの正体は黒色メラニン色素です。

 

日焼けをするとお肌が茶色くなるのと同じように、酸化した角栓がお肌に刺激を与え、
刺激から皮膚を守るためにメラニン色素が生成されることでこの黒ずみは起こります。

 

酸化した角栓以外でも、紫外線、化粧品、摩擦などでもこのメラニン色素の生成は行われます。
鼻の黒ずみの原因の最後の一つはムダ毛です。鼻の周りにも毛穴があるためムダ毛が生えてきます。

 

細かい産毛ですが、実はこの産毛が産む陰影によって鼻が黒ずんでみることもあるんですよ。

鼻の黒ずみができてしまったときの最終手段はファンデーションで隠すこと

鼻の黒ずみが出来てしまった場合、無理にこの黒ずみを取り除こうとすると余計に黒ずみが悪化することになります。

 

基本としては優しく汚れを取り除くためのケアを行うことで、
最低でも1ヶ月程度の期間をかけてケアを行っていくことが必要になります。

 

ですが、鼻は顔の中心にあるということもあり、黒ずみがある状態はとても気になりますよね。

 

鼻の黒ずみがどうしても気になるという場合には、この黒ずみを隠すというケアを行うことが最も効率的で、
お肌にも負担をかけず、そして鼻の黒ずみを悪化させない方法になってきます。

 

まずは洗顔を行い、お肌の汚れを落とした後に化粧水と乳液で保湿を行います。

 

ただ、乳液は付け過ぎると毛穴に詰まってしまいますので、薄めに塗るというのがポイントになってきます。
次に毛穴を隠すことが出来る化粧下地を使っていきます。

 

化粧下地を塗った後は、スポンジを使って化粧下地の油分をしっかりと吸い取るということが必要になります。
この吸い取るということを行うと化粧崩れを防ぐことが出来ますので、このひと手間を掛けるようにしましょう。

 

ファンデーションも薄付けを心がけるようにします。

 

もし黒ずみが濃いという場合には、ファンデーションの前にコンシーラーを薄く塗り、
その上にファンデーションを塗るようにし、黒ずみが薄い場合には、
ファンデーションを塗った後にコンシーラーを薄く塗るようにしましょう。

 

どちらも基本は薄塗りです。厚塗りをすると鼻の辺りだけ目立ってしまいますので気を付けてくださいね。

鼻の黒ずみが酷い人はどんな人?

鼻の黒ずみが出来てしまう人というのは、どのような人なのでしょうか?
実は日頃のケア、そして普段の行動などによって、黒ずみが出来やすい人がいるんですよ。

 

まず鼻を常にいじっているタイプの方は、やはり鼻の黒ずみが出来やすくなります。

 

鼻の黒ずみは毛穴に皮脂や汚れが入り込んで、
皮脂が酸化し詰まってしまって角栓になることで起こるケースが多くなっています。

 

鼻をいじっているタイプの人は、毛穴に汚れを入れ込んでしまっていることになりますので、やはり黒ずみは起こりやすくなります。

 

鼻の皮脂が気になり、オイルクレンジングや皮脂を取り除くためのスキンケアを
しっかりと行っている人も、実は鼻の黒ずみを起こしやすい人です。

 

実はこのオイルクレンジングや皮脂を取り除くタイプのスキンケアは、
必要な皮脂まで洗い流してしまい、鼻の辺りがインナードライの状態になってしまうために、

 

鼻の周りの毛穴からはさらに皮脂を分泌させる必要があると思ってしまい、皮脂の過剰分泌が起こります。

 

このためさらに皮脂が増え毛穴に詰まりやすくなり鼻の黒ずみができてしまいます。

 

毛穴に化粧品や日焼け止めが入り込み毛穴が詰まるのが嫌ということで、
すっぴんで過ごしたり紫外線ケアを行わないという人も、実は鼻の黒ずみが起こりやすい人です。

 

鼻は顔の中でももっとも紫外線の影響を受けやすい部分で、日焼け止めやメイクという膜が無いことで、
ダイレクトに紫外線の影響を受けてしまうためです。

鼻の黒ずみのケアは洗顔も重要

エステティシャンの方に聞くと、「サロンに来店してくださった時には最善のケアを行いますが、
やはりホームケアをしっかり行ってもらわないとエステには限界がある」との答えが返ってきました。

 

確かに、行けている方もエステに行けるのはせいぜい月に数回程度という場合が多いと思いますし、
予算的にも継続的にエステに行くというのは難しい場合も多いです。

 

実は、エステに行くというのも良いことではありますが、毎日の洗顔が鼻の黒ずみには重要な役割を担っています。
そもそも鼻が黒ずむのは、毛穴の中に余分な皮脂や汚れ、メイクなどがまじりあったものが詰まった状態になっているからです。

 

角栓は小さいなら雑菌の侵入予防に効果的ですが、大きくなってしまうとニキビやコメドの原因になったり、デメリットの方が大きくなってしまいます。

 

毛穴が詰まらないようにするには、適切な洗顔とクレンジングをしていくということが大切になります。
しっかり洗顔をするというと、つい力を入れて擦りたくなってしまいます。

 

しかし、摩擦はお肌に悪影響を及ぼしますので、きめの細かい泡の力で毛穴から汚れを押し出すように洗うというのが大切です。
泡はフワフワした感じではなく、ねっとりとした密度の濃い泡が望ましいです。

 

自分に合った洗顔石鹸や洗顔フォームを選ぶことと、適切な洗い方・すすぎ方をマスターして毎日、継続していくことが大切です。

 

毎日、しっかりと毛穴を綺麗にできれば、肌の色がクリアになってシミやくすみなどもできにくくなります。
化粧水や美容液にばかり気が行く女性も多いと思いますが、実は洗顔はかなり重要な部分なので、しっかり選んでしっかり洗顔をしていきましょう。

鼻の黒ずみの除去はエステに任せる

毎日の洗顔やクレンジングなどをしっかり行っても、鼻の黒ずみってなかなか解消できませんよね。
毛穴の中には、過剰分泌した皮脂やメイクの取り残し、外気から付着した汚れなどが混じり合って詰まっています。

 

特にTゾーンは他の部分と比べて7倍もの毛穴がありますし、毛穴の奥行きが深いのでなおさら詰まった状態になりやすいんです。
長い年月をかけて詰まってきた毛穴は、やはり長い年月をかけてしか取り除くことができないものです。

 

でも、エステに通えば専用のマシンを使って鼻の毛穴の黒ずみを解消してくれます。
自分ではどうにもならない部分は、エステサロンのプロにお任せするのがオススメです。

 

エステティシャンは、プロですからどのようにすれば毛穴が綺麗になって鼻の黒ずみが解消されるかよく知っています。

 

毎日の洗顔やクレンジングはしっかり行うことにして、
鼻の黒ずみや詰まりは定期的にエステで吸引してもらうのが得策です。

 

エステでの鼻の黒ずみに対する毛穴吸引は、しつこいイチゴ鼻を解消するのに最適な方法です。

 

顔の毛穴に詰まった汚れや角栓、皮脂を効果的に取り除くことができます。
また、フォトフェイシャルと言う特殊な波長の光を照射する方法も鼻の黒ずみには効果があります。

 

美顔の体験エステなどがクーポン情報などによくあるので、
まずはお得な金額で鼻の黒ずみの除去のお試ししてみるのもおススメです。

鼻の黒ずみを悪化させてしまう行為

鼻の黒ずみを何とかしようとして、さらに悪化させてしまう人もいますよね。
この黒ずみが悪化するパターンを考えながら、どうしたら悪化しないのかを考えてみましょう。

 

まず酸化してしまった角栓を取り除こうと無理に爪などで押し出そうとしたり、
洗顔の時にゴシゴシと指でこすって洗ってしまったりする人がいます。

 

実はこれはどちらも鼻の黒ずみを悪化させる行為になっているんです。
まず爪などで押し出そうとするというのは、直接的に毛穴周辺に刺激を与え、炎症を起こさせてしまう事になります。

 

お肌は炎症をおこすと、皮膚を守るための防衛機能が働きます。

 

この防衛機能はメラニン色素を生成して皮膚を守るというもので、
毛穴の周りに茶色っぽい黒色メラニン色素がどんどん生成されてしまい、黒ずみが悪化することになるんです。

 

洗顔時にゴシゴシと洗うという行為も、やはりお肌にとっては非常に大きな刺激であり、
この刺激から皮膚を守ろうとする防衛機能が働きます。

 

洗うということは問題がありませんが、こすり洗いをするということは大きな問題になってしまいます。
洗顔をする時には洗顔料をよく泡立て、きめ細かい泡を作って、この泡で洗うということを心がけます。

 

すぐに鼻の黒ずみが解消するということはありませんが、徐々に改善して行きますよ。

 

毛穴パックを使って角栓を取り除くというケアを行っている人もいますが、
この方法も間違えたやり方を行っていたり、使用頻度が高いと鼻の黒ずみの解消は難しく、逆に黒ずみが悪化します。

鼻の黒ずみを隠すには何を使えばいい?

鼻の黒ずみを隠すには何を使えばいいの?
毛穴が詰まっていると、その上からメイクをしたらさらに詰まりそうで嫌だなと思う女性も多いと思います。

 

ただ、適切なクレンジングと洗顔を行うことができれば、毛穴に詰まったメイクも
しっかり落とせるのでまずは鼻の黒ずみが綺麗に隠れる方法を研究しましょう。

 

洗顔後はしっかりと化粧水をつけますが、乳液はつけ過ぎるとメイクが崩れる原因になるので、
つけ過ぎた場合はティッシュで押さえるようにしましょう。

 

化粧下地ですが、色補正できるようなコントロールカバーなどのカバー力が高い下地や、
毛穴隠し専用のメイク下地を上手に活用しましょう。

 

ファンデーションは、塗るというより軽く叩きこむような感じで軽く乗せます。
厚塗りにならないように周囲になじむように使うのがコツです。

 

コンシーラーは少し暗めのトーンを選ぶと自然な仕上がりになります。

 

厚塗りになりたくない場合には、ファンデーションの上からコンシーラーを塗ります。

 

そして、フェイスパウダーを押さえるように優しく使い、最後にティッシュを顔全体に広げて
優しく包み込むように抑えて余分なメイクを取り除きます。

 

朝、入浴すると顔が火照ってメイクが崩れるので、Tゾーンがテカって目立ちやすくなりますのでお勧めできません。

 

特に夏場などは、洗顔後に冷たい水で引き締めてからメイクを始めると、
鼻の皮脂の過剰分泌を抑えて鼻の黒ずみが目立たなくなります。

 

トイレに行った際には、Tゾーンだけでもティッシュで脂を抑えてからファンデーションやフェイスパウダーで整えましょう。
是非、鼻の黒ずみを隠すのに参考にしてみてくださいね♪

鼻の黒ずみを解消できるサプリメントってある?

鼻の黒ずみを解消するなら、美容ドリンクやサプリメントのプラセンタがオススメです。
プラセンタは、馬、羊、豚などの胎盤のことで、成長因子がお肌の生まれ変わりを強力にサポートしてくれます。

 

乱れていたお肌のターンオーバーが正常化すれば、
黒ずみのある細胞を新しく再生してくれる効果が期待できます。

 

生まれてきて大人になっても毛穴の数は変わらないのに、
赤ちゃんや子供の頃はどうしてキメが細かい肌だったのでしょう。

 

加齢により肌に弾力が無くなると毛穴も緩んだ状態になってきてしまいます。
毛穴が広がってくると自然に皮脂やホコリ、メイクなどの汚れが詰まりやすくなってしまいます。

 

そうなると鼻の黒ずみが目立ちやすくなってしまいます。

 

お肌の生まれ変わりやお肌を正常に保つには、ビタミンCやB2・B6などのビタミン類が欠かせません。

 

日頃、ストレスを感じてビタミンCを消耗していたり、
喫煙、偏った食生活などが気になる方は、ビタミンのサプリメントもお勧めです。

 

食生活が偏っている場合、ミネラルも不足が考えられますので、一緒に摂取するのがオススメです。

 

また、アミノ酸は肌や粘膜を構成するのに最も土台になる成分ですから
タンパク質が不足している方はアミノ酸もしっかり摂取しましょう。

 

鼻の黒ずみを解消するサプリメントは、お肌の働きを改善したり
新陳代謝を促すことで改善して行くという考え方なので、1日や2日では到底、解消することはできません。

 

しかしサプリメントで食生活を見直すことで、健康面を改善できるとお肌の質も良くなってくるので、
食生活が乱れている方は外側からだけではなく内側から綺麗にして、鼻の黒ずみ対策をしていくのも大切です。

 

鼻の黒ずみにはカーボンピーリングが効果あり

鼻の黒ずみにはカーボンピーリングが有効的です。

 

聞きなれない方も多いと思いますが、カーボンピーリングとはレーザーピーリングのことを言います。
IPLという光を照射するフォトフェイシャル治療によるカーボンピーリング等が美容皮膚科などで施術を受けることができます。

 

メスを入れる手術とは違い、特殊な波長の光を照射するだけなので麻酔も不要な安全な治療法です。

 

痛みの感じ方には個人差があるため、痛みに敏感な場合には
塗るタイプの麻酔を使うなど医療機関ならではのきめ細かい治療が受けられます。

 

カーボンピーリングでは、古い角質や毛穴につばった老廃物などを取り除いて
肌を活性化させることでキメの整った肌や鼻の黒ずみの改善を目指すことが可能です。

 

具体的な方法では、鼻などの肌の毛穴の黒ずみが気になるお肌の表面に
カーボンローションを塗布し、レーザーによる光を照射します。

 

すると熱エネルギーがカーボンの色素に反応して毛穴の古い汚れや角質を除去してくれます。

 

施術後は、毛穴の汚れや古い角質が取り除かれた状態になり、
毛穴が引き締まって、鼻の黒ずみや肌のくすみやごわつきまで解消できます。

 

肌や鼻の毛穴が黒ずんでいると感じた時、自己流のケアでは長期的に改善の余地はあるとしても
劇的に改善するというのは難しい場合も多いです。

 

医療マシンを使ったカーボンピーリングなら、ホームケアよりも即効性が期待できます。

 

ただ、保険適用外の自由診療になるため、予算に余裕が無いと難しいかも知れませんが、
予算が取れればぜひ、鼻の黒ずみをなくしたいならトライしてもらいたい画期的な治療法です。

 

鼻の毛穴の黒ずみ対策をケミカルピーリングでしよう

鼻の毛穴の黒ずみ対策としてケミカルピーリングが効果的です。
ケミカルピーリングとは、美容皮膚科や皮膚科などで行われる治療です。

 

皮膚の表面に酸性の薬剤を塗り、毛穴に詰まった角栓や古くなった角質、
老廃物などを溶かして除去するという治療法です。

 

不要な角質を取り除くことで、お肌の新陳代謝を活発にして肌の再生を促します。

 

毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖するニキビ治療にも用いられる方法ですが、
鼻の毛穴の詰まりを除去するのにも効果的です。

 

ケミカルピーリングを行うことで、鼻の毛穴の詰まりが取れて、
黒ずみ対策できて透明感のあるお肌になります。

 

予算があれば良い方法ですが、ケミカルピーリングは自由診療なので、
美容皮膚科などで施術をしてもらうと費用の面が気になります。

 

最近では、自宅でできるケミカルピーリングセットも売られていますので、
鼻の黒ずみをとる方法に興味のある方は試してみる価値はあると思います。

 

自宅で出来るケミカルピーリングには、AHA(アルファヒドロキシ酸)やBHA(ベータヒドロキシ酸)などがあります。
AHAは、リンゴ酸やクエン酸、乳酸、グリコール酸などのフルーツ酸で天然成分由来です。

 

ケミカルというイメージからなんとなくお肌や健康に良くなさそうにも感じますが、決して悪いものではありません。

 

反面、BHAはかなり強力な化学物質からできていて、
TCA(トリクロール酢酸)、サリチル酸マクロゴール、サリチル酸エタノールなどがあります。

 

かなりお肌に刺激になるため、日本人向きではありませんので、
お使いになる場合は天然酵素由来のピーリングジェルなどを選ぶのがオススメです。

 

私もピーリングジェルを使っていますが、天然フルーツの酵素の力で角質を取り除くので終わった後は、
お肌がツルツルになって鼻の毛穴の黒ずみ対策に有効です。